自費出版と商業出版の違い

流通している本は、自費出版と商業出版(企画出版)の二種類があると言われています。現在書店に並んでいる本で多いのは、出版社を通して出版されている商業出版の方と言われています。では、自費出版とはそもそも何なのでしょうか。

まず商業出版と呼ばれる本は、出版社が費用を持ち、作家に依頼をして原稿を作成します。出版社が作家を雇用しているという形で、原稿料が発生しています。印税と呼ばれる原稿料などと併せて、本を制作するために必要になった資料や、取材をするための交通費は出版社の経費として申請することができます。会社員が、仕事に必要なものを経費で落とすことと同じ状態です。対して自費出版は、出版社側が費用を持ってくれません。出版社などにお金を払うことで、個人で書いたものを本の形にするのです。当然、取材費用なども経費で落とすことができません。商業出版の時とは反対に、個人が出版社にお金を払うので、雇用者と被雇用者が逆転した関係になります。自費出版は、基本的には自分で小説や自伝、研究成果などを発表したいと考える時に行うことが多いと言われています。これらは、よほど売り上げの見込みがあると判断されたものでない限り、商業出版で出版をするのは難しいとされています。ですので、自ら費用の負担はしなければなりませんが、自費出版をするのが一番早く本の形にできると言われています。

自費出版の中にも書店流通型というものがあり、これは書店に流通してもらうところまで出版社が請け負うというやり方になっています。一見すると商業出版された本と体裁は変わりません。書店に並んでいる本の中には、たまに自費出版の本が混ざっていると言えるでしょう。