古本屋と物品

古本屋を始めて、実際に店舗を持つということになれば、どのような本棚が必

古本屋を始めて、実際に店舗を持つということになれば、どのような本棚が必要で入れるべきなのかということを考える段階になのかもしれません。一般的には、木製の本棚が降る本屋などにはよく合うなどという風に言われることも多いですが、耐久性の面でやや不安が残ることがあるようです。合板が積み重なってできたような、本棚である場合には、針ものとなっている場合も多くあるため、中が空洞となっているケースなどもあり、本を乗せた結果十分に耐えきれずにすぐに折れ曲がってしまうなどというようなケースもあるというふうに聞いたことがあるような気がします。業務用、プロフェッショナル用の本棚であれば、十分に耐久性が確保されているため大きな揺れがあったり本を載せすぎたりしたとしても、基本的には十分に耐えることができるわけです。しかし、このようなプロフェッショナル用の本棚であると、値段が非常に高くなってしまったりだとか、何個も購入することができないため、初期投資が非常に高い値段かかってしまうということもよくあるというふうに聞いたことがあるような気がしますし、やや、難しい点を抱えていることは確かに言えることであるというふうに考えられるかもしれません。そして、最近ではほとんどなくなりましたが昔は古本屋を開業するとなれば、地方の大工さんなどに依頼して、その店にあった本棚を作成してもらうというケースが一般的であったという風に言われているようです。むしろ現代でもこのようにして、味のある手作りの本棚を作ってもらうことで、より愛着がわくお店を作り上げることができるのではないかと考えられるでしょう。最近では、日本大きな災害が襲うことも大変大きくなってきているため、それに対応した本棚をきちんと作っておくということは重要であるかもしれません。特に、金属製の本棚を使うなどして強度を高めておくことがその対策としてはもっとも考え得るものであるという風に言えるのではないでしょうか。本棚を、全て壁に極形式になっているところでは、壁を補強することはもちろんのこと地震に強いように工夫をしておくことも重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です