インターネット書店における自費出版本の実際

 インターネット書店であれば、一般書店とは異なり、自費出版本の陳列を拒

 インターネット書店であれば、一般書店とは異なり、自費出版本の陳列を拒みません。たとえかけ率が低い本であっても、発注、在庫を厭わないのです。ですから著者としては、気兼ねなく低い掛け率で出版することが出来ます。ではインターネット書店自らオンデマンド印刷会社を起業した場合はどうでしょうか。そうなると、このインターネット書店で販売してもらうためには、系列の印刷会社と契約せざるを得なくなるでしょう。今までの掛け率よりは高くなってしまう可能性もあります。ただ、これまで付き合ってきたオンデマンド印刷会社との契約を打ち切る必要はありませんし、インターネット書店に全ての工程を任せるようなことになっても、利潤が酷く落ち込むようなことは考えにくいのが実情です。インターネット書店も数多く存在しますから、旧知のオンデマンド印刷業者との契約を続けながら、各書店の方針に従えばよいのです。
 勘違いする方もいらっしゃるのですが、著者がインターネット書店と直接やり取りすることはほとんどありません。何故なら自費出版社、オンデマンド印刷会社が間に入るためです。もちろんインターネット書店のオプションの中には、小規模な自費出版社のためのサービスも設けられており、こちらを利用すれば、著者自ら起業した出版社とインターネット書店との間でやり取りすることになります。しかし、このオプションは出版社の取り分が小さいため、お勧めできません。掛け率も高いですし、配送料も負担しなければなりません。ですから最初から外部のオンデマンド印刷会社や出版社を利用した方が、結果的に利益を上げることが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です