自費出版相談から自分史の完成まで

自費出版において相談から自分史の完成までどのような工程になるのでしょう

自費出版において相談から自分史の完成までどのような工程になるのでしょうか。
著者となる方は当然直接出版社にいかれる人もいるでしょうし、遠方の方であればはがきや電話、メールなどで
資料請求や具体的な相談をされる方が多いのではないでしょうか。
そこから自費出版での自分史の製造工程は大きく3つに分けられるのではないかと思います。
1つ目は出版の相談を受けてから著者さんと契約を結ぶまでですね。
2つ目は原稿の整理から最終的な本の校正まで。
3つ目は完成したあとの話しで納本や全国販売の手配までにわけられるのではないでしょうか。
2つ目の部分が一番自費出版の自分史制作などにおいて製作者と自費出版の認定アドバイザーさんがいかにコミュニケーションをとれるかにかかっている部分なのではないでしょうか。
もう少し噛み砕いて想像してみましょう。
1つ目の段階では相談、見積もり、契約完了、原稿の整理そしてここで自費出版物が手書き原稿なのか、データ原稿なのかで取扱が変わりますね。
手書きであれば編集者さんの入力作業が必要になりますしデータであれば文字のチェックをするのでしょうね。
次に2つ目の段階ではデザインやレイアウトの編集が行われ著者の方に校正のチェックを逆に行ってもらったり
そこで必要であれば修正作業ということになりそうですね。
この部分はループしやすいところでもあるかもしれません。
最後に3つ目の段階では誤字脱字のチェックを行いますがこの段階ではもう大きな変更はできなさそうですね。
そして印刷をし製本を行い本屋さんそしてみんなの手元に届くわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です