個人出版との違い

個人出版と自費出版は、名称としては似ていますが、その内容は大きく異なっ

個人出版と自費出版は、名称としては似ていますが、その内容は大きく異なっています。

自費出版は、出版社や印刷所に依頼をして本づくりを行います。出版社によっては編集や校正まで行ってくれるところもありますし、実際に書店に並べる書店流通までできるところもあるそうです。基本的には本を完成させるまで協力してもらえるので、知識がなくても1から手助けをしてもらえると言われています。

一方個人出版は、あくまで個人で全てを行います。同人誌という呼ばれ方もするようで、出版社などに制作の段階で協力をしてもらえません。

自分で中身を考え、表紙のデザインなども手配し、入稿まで行わなくてはいけません。最低限の知識は必要になりますし、印刷所でのやり取りもしなくてはなりませんし、多くの場合はデータで入稿を行うためにパソコンが必要になります。

手間が掛かるように感じますが、逆に言えば、「どんな本でも作って構わない」と言えるでしょう。

例えば法律的なものや著作権的に問題がある場合、印刷所に断られてしまう可能性はありますが、まず多くの本は問題ないと言われています。

次に、出版社を通さないので費用が印刷代だけで済ませることができます。販売も自分で行いますので、書店などを挟む場合でなければ100%を自分の利益にすることができます。自費出版ではまず黒字にすることが難しいですが、個人出版の場合は利益を出しやすいと言えるでしょう。制作した本を売るイベントなども多く行われているそうです。

しかし、自分で全てを作るとなる個人出版での場合、よほど腕に自信がある場合を除いてクオリティは低くなってしまいます。自費出版と個人出版、自分に合った方法を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です