自費出版の印税

本を売れば印税が入ってくるというのは、知識として知っている人も多いと思

本を売れば印税が入ってくるというのは、知識として知っている人も多いと思います。しかし、自費出版で販売したものの売上については、正しい意味では印税とは呼ばれません。

印税はそもそも、作者が著作権料として、出版社側から受け取る額を指しています。自ら出版費用を払っている自費出版は、出版社側からお金を貰っているわけではありませんので、印税という言葉は当て嵌まりません。あくまで自分で作った本を、出版社を通して販売しているというイメージです。

自費出版で販売した書籍は、売れた分だけ作者にお金が入ります。

ただし、その還元される比率は売り方によっても変わってくると言われています。例えば自費出版を行った出版社が、書店流通を行ってくれる場合もあります。
書店に直接置いて貰って販売をする方法ですが、還元率は低くなっているようです。これは、仲介を挟む分の人件費や配送代、倉庫の使用料などが発生するために、差し引き分が小さくなってしまうと言われています。

人の目につきやすいメリットはありますが、利益が低くなってしまうデメリットも兼ねています。出版社を挟んで差し引かれたくないという人は、全て自分で販売するという方法もあります。講演を行いそこで販売しても良いですし、イベントなどに参加をして直接販売するという方法もあります。

準備などを含めて手間が掛かることと目につくかどうかが個人の裁量次第になってしまいますがが、還元率が100%で販売することができます。

自費出版は、商業出版と比べて売上は低いですが、還元率は非常に高いと言えるでしょう。印税に限られている商業出版では、販売方法を選べません。販売の自由度が高いというのも、自費出版のメリットと言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です