販路をオンラインストアに変える

自分で本を出したいと思う人だったら、地元の書店に通うのが大好きなはずで

自分で本を出したいと思う人だったら、地元の書店に通うのが大好きなはずです。コーナー(棚)の間を歩いては、こんなに素晴らしい本がいっぱいだ、と嬉しくなるでしょう。書店への愛情は、募るばかりです。けれども、問題は、相思相愛でないとうことです。

普通の書店は、残念ですが、自費出版の本を、あまり好まないでしょう。書店員も、じっくりと自費出版の本を読めば、気に入ってくれるかもしれません。

ただ、だいたいの場合、素人作家の自費出版は、普通の書店では、あまり売れません。書店では、毎日、たくさんの本を仕入れています。その中には、ベストセラー作家の作品もあります。素人作家から、数冊の本を仕入れるのは、効率的とは言えません。自費出版の本を、普通の書店に売り込むことは、至難の業と言えるでしょう。

ここで、オンラインストアの登場です。少しの手間とコストを投じるだけで、自分の本を売ることができます。オンラインストアなら、大きな規模の出版社とも互角に戦えます。オンラインストアの可能性を最大に活用すれば、自費出版に通じていない大手の出版社も出し抜くことができると言えるでしょう。

オンラインストアの利点は、以下の通りです。

1 書店で目を引くような、表紙やデザイン、造本を考えたりしなくても良くなります。またデザイン料を払わなくて済みます。

2 書店に在庫をお願いする苦労がなくなります。

3 返本も返金もしなくて済むようになります。

4 書店での営業活動を行う必要がなくなります。

また、販路をオンラインストアにしたからといって、書店での販売ができなくなるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です