アメリカにおける自費出版とは

アメリカでは、近年、自費出版は大きな産業へと飛躍しました。しかし、依然

アメリカでは、近年、自費出版は大きな産業へと飛躍しました。しかし、依然として、ビジネスとしては成り立っていません。

自費出版という概念は、自腹を切ってでも本を出したい著者がいて、印刷代が安くなったところから、始まります。

パソコンやレーザープリンター、DTPソフトが手ごろな値段で購入できるようになってから、ブームがやってきました。自分で、書籍を印刷することができるデータを、作れるようになったからです。

その後、一つの産業としての基盤ができたのは、オンデマンド印刷(POD)と、オンライン書籍販売が誕生したからです。セルフパブリッシング(自費出版)会社が、設立されるようになり、新しい産業ができました。これにより、キーボードに入力さえできれば、誰でも本を作ることができるようになりました。

しかし、自費出版で、利益を得るためのノウハウを持っている人は少ないです。昔ながらの、書店売りでは、成功に繋がりません。ビジネスチャンスは、インターネット上に転がっています。

自費出版社にとって重要なのは、ビジネスメソッドと言えるでしょう。このビジネスメソッドを築き上げた人の中には、自費出版だけで、生計を立てることに成功した人もいます。

アメリカでの自費出版の在り方は、日本でも充分に活用できることでしょう。ただ、成功を収めるには、市場調査をし、原稿を書き、本のデザインを考え、データを作り、マーケティングもしなくてはなりません。ここまで、しっかりとこなしても、成功をするとは限りません。ですが、成功は、誰の手にも届くところにあると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です