自費出版とISBN

流通している書籍は、ISBNという13桁のコードが割り振られています。

流通している書籍は、ISBNという13桁のコードが割り振られています。このコードを定めることで、出版されている書籍を特定できることができるようになります。絶対に付けなければいけないものではありませんが、流通しにくくなってしまいますので、まず割り振るのが一般的です。ただし、逆にISBNがついているからと言って流通が保証されるということはないそうですので、あくまで「流通させるための最低限の考慮」といった感覚でいるのが良いと言われているそうです。このコードは書店などに並んでいる本には一般的に付いているものとされており、図書館などに納める際には必須とされる場合もあるそうです。書店で売っていない非売品にあたる書籍でも、図書館に納めるからとISBNの取得を求められることもあると言われています。これは自費出版でも同じ条件となりますので、自分の作成した本がどれに該当するのかをチェックしなければなりません。ただし、このコードは法律で決められたものではありませんので、国ではないところで管轄しています。連絡や確認がある場合には、発行管理元を確認する必要があるでしょう。

国内の書籍は「978-4-XXXXXX-YY-Z」という13桁の並びが一般的になっています。2番目の「4」は日本の国記号となっており、次のX部分が出版社記号、Y部分が署名記号で、最後のZ部分がチェックの数字として分かれて管理されています。ISBNコードが別の書籍で重複することはなく、必ず固有の書籍を指して使われます。例えISBNのコードを持った書籍が絶版や何かの理由で販売注意になったような場合でも、そのコードを永久欠番として、絶対に重複させないというルールの元で番号を割り振っているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です