自費出版専門社での出版

現在では、自費出版を専門とする、自費出版専門社も多く存在しています。自費出版以外も行っている総合出版社と比べて、専門性がある会社である場合に、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリットとしては、まずは初心者の目線に立ってくれることが多いということです。自費出版をしたいという人は、当然アマチュアが多く、右も左も分からないという人も多くいます。そのような顧客を対象とした会社ですので、スタッフが丁寧に対応をしてくれることも多いそうです。総合出版社と比べて費用が安い傾向にありますので、安く済ませたいという人にもお勧めです。何より、自費出版専門のところは「規定が緩めに設定されている」という場合が多いと言われています。総合出版社では受け付けてもらえなかった原稿でも、自費出版専門社では受け付けてもらえたという話もよく聞かれているそうです。好きで書く本づくりですから、なるべく自由度が高く書けるというのは魅力的です。

逆にデメリットは、出版社のネームバリューに期待ができないということです。見慣れない出版社の本よりは、聞いたことのある出版社の方が、客の気持ちとしても何となく手を出しやすいです。また、実際に書店に配本をしたとしても、店に置いてもらえる可能性が低くなりがちです。書店側の気持ちとしても、そもそも自費出版の取り扱いに抵抗がある場合がある上に、信頼ある出版社の本を置きたいと考えるそうです。そのため、まず売上に期待はできないと言えるそうです。流通ルートは当然ながら総合出版社の方が強いと言えます。自分で開拓をするだけの力がある場合や、SNSなどで宣伝力がある場合以外は、宣伝面では総合出版社を使う方が無難と言えるでしょう。