自費出版をする時の出版社

自費出版をすると決めれば、まずは自費出版を請け負ってもらえる出版社を探さなくてはいけません。商業出版も自費出版もどちらも扱っている総合出版社か、自費出版専門社かで大きく分かれてきます。出版社によっても得意とされるジャンルも違ってくるそうですので、例えばイラストを載せる絵本などに特化したところもありますし、逆に小説やエッセイなどに精通しているという出版社もあるそうです。出版社によって受けられるサービスや費用なども変わってくるので、それぞれ比較して自分に合った出版社を選ぶ必要があると言えるでしょう。

出版社を選ぶ時に、費用やサービス以外の面では何処を見れば良いのでしょうか。色々なポイントはありますが、作家を大切にしてくれる出版社を選ぶというのが、安心して進めていける方法と言えるそうです。自費出版は、当然ながらプロの出す本ではなくアマチュアの作った本になります。拙いところがあるでしょうが、だからと言って下に見ることや、適当にあしらうような出版社には注意してください。実際に担当者と顔合わせをしてみる必要があると言えるでしょう。逆に間違いがあっても指摘しない、一切の提案がないという、ただ契約をしてお金を稼ぎたいだけという出版社にも気を付けた方が良いそうです。著者としては。お金を払ってまで自分で作ったものを本にして出したいという強い気持ちがあるのです。口コミなどのサイトも多く存在しているので利用できますし、何より実際に顔を合わせるということを忘れないようにしましょう。折角の機会ですので、オンラインや電話などで済ませることはせず、良い出版社・担当者に出会えるように慎重に本づくりを進めていく必要があるでしょう。