自費出版の利益

自費出版は、個人が掛かる費用を負担して出版をすることを指します。商業出版とは違い、当然ながら初期費用が発生していますので、もしも本が売れたとしても費用を差し引いての純利益は少ないものと言えます。

実際にどれだけの儲けが出るかと言うと、まず黒字を出すのは難しいと言えるそうです。そもそも自費出版は、アマチュアが作った本です。黒字を出すかどうかの前に、書店に置いてもらえるかどうかの段階から怪しくなっている場合もあるそうです。ただし、もしも過去に何かしらの実績を持っている場合や、元々商業出版で名の売れているような人である場合は、流通確保は比較的容易だと言えるでしょう。しかし、流通が確保されているからと言って、利益が返ってくるかは別問題です。

入って来るお金、いわゆる印税と呼ばれるものは数パーセントから10パーセント程度と言われています。単純に計算しても、儲けを出すには大量の本を売る必要が出てきます。多めに見積もって10パーセントの印税で500円の本を売った場合、1冊売れば50円の売上が入ります。千冊売れてやっと五万円の売上になりますが、それでも初めに掛かった費用と相殺すれば赤字になることは多いでしょうし、プロでも難しいと言われているのに、アマチュアが本を千冊売るのは至難の業と言えるでしょう。

自費出版は利益を出すことを目的とするのではなく、例えば自伝や社史を作りたいなどの記念に本を作りたいという気持ちから制作することが多いようです。国会図書館に納品することで本の形を残すこともできます。もしも絶対に売れる、利益が出せるという企画を持っている場合は、自費出版の前に商業出版をしてもらえないか出版社に掛け合ってみるのが良いでしょう。