自費出版と同人誌の違い

有名な文豪も、自ら小説を同人誌にまとめて売り出していたと言います。現在でも同人誌のイベントは大々的に行われることが多く、漫画や小説、写真集など種類も多岐に渡っています。同人誌も自ら費用を負担して本を制作していますが、自費出版との違いはどこにあるのでしょうか。

大きな違いは、出版社を通すかどうかというところになっています。自費出版は、出版社にお金を払って本を制作します。間に出版社が入るので出来栄えは本格的になりますし、書店流通という方法で実際に書店に置いてもらうこともできます。中身の相談に乗って貰える場合もありますし、大きな間違えがあった場合にも指摘をして貰えると言えるでしょう。ただし費用が高くなる場合も多く、悪質な出版社の場合は余計にお金を取られてしまう場合もあるそうです。一方同人誌は、販売経路を自分でどうにかしなくてはなりません。同人誌を売るイベントに参加をすることや、書店に置く場合は自分で頼みに行くことをしなくてはなりません。また、あくまでアマチュアが作ったものですので、出来栄えにも差が出てきてしまいます。表紙なども自分で作成することができればいいのですが、イラストレーターなどに依頼をするとなった時には別に費用が発生してしまいます。何よりも全ての工程を自分でこなさなくてはならないので、時間と労力が掛かってしまいます。しかしその分、自費出版と比べて何よりも自由度が高いことが魅力です。ページ数や表紙も自由に選べますし、何を書いても必ず本にすることができます。こだわりがなければ費用も安く済ませられます。

それぞれメリットデメリットがありますので、どちらの方法で自分の書いたものを発信したいのかを考える必要があるでしょう。