総合出版社での出版

自費出版をする際に、総合出版社か、自費出版専門社かを選ぶ必要があります。自費出版専門社はその名の通り自費出版に特化していますが、商業出版も扱う総合出版社のメリットとデメリットは何があるのでしょうか。

まず、総合出版社の強みは何よりサポートの幅が広いと言われていることです。総合出版社の場合、有名な作品に関わった編集者であるという可能性もあります。規模にもよりますが、総合出版社の中には、有名な出版社の名前も挙がっています。そうでなくとも、商業的に販売している本を手掛けているので、ただ執筆するという面以外でもサポートをしてくれる可能性が大きいでしょう。総合出版社は、自費出版専門社と比べてネームバリューも優れているという可能性が非常に高いです。実際に書店に並んでいる本を取り扱っているので、当然と言えるでしょう。ネームバリューがあるということはそれだけで信頼がありますし、宣伝をするという面から考えてもやりやすいと言えます。併せて流通のルートに関しても、今までの実績から繋がりを持ちやすいと言われています。

一方総合出版社のデメリットと言うと、自費出版に特化しているわけではない、費用が掛かることが多い、という面です。また、規程が厳しい場合もあります。そのため自費出版を依頼しても断られてしまう可能性は、自費出版専門社に比べて高い傾向にあると言われています。総合出版社のデメリットは、「内容についての審査も比較すれば厳しい(自由度が高くない)」「費用が掛かる傾向にある」辺りにあります。メリットとしては、「一定レベルの品質が保証されやすい」「流通経路確保の可能性が高い」「売れる可能性が高い」という点です。