共同出版の費用

本を出版しようと思った時、出版社に企画を買ってもらうという形の商業出版と、自分で費用を支払って出版社に流通や印刷を頼むという形の自費出版と種類があります。一般的は前者の商業出版という形を目指す人が多いでしょうが、間の共同出版と言う形式もあります。これは作家と出版社が合同で金額負担をすることで、その名の通り共同で出版という形を取るものです。自費出版をするよりも安く済ませる場合もありますし、自費出版と同じように出版社側で安価で販売経路を確保してくれる、若しくは全額負担をしてもらった上で確保してもらえるというメリットがあります。イベントや講演などで、共同出版のための説明会を開いている場合もあるので、そちらを利用すればスムーズに進められるとも言えるでしょう。ただし、最終的に出版するかどうかを決めるのは出版社側です。共同出版の話が出たからといって、即出版になるわけではないことは頭に入れておきましょう。

多くなっているパターンとしては、商業出版をしてもらうために持ちこみをしたら、「共同出版でなら受け付けられる」と言われるパターンです。これは商業出版をするまでのレベルには達していないものの、見込みがあるので費用を多少融資しての出版であれば認めるということです。商業出版には至りませんが、もしも自費出版をすると考えた時にお得に出版をすることができます。ただし、悪質な出版社もいるので注意が必要です。よくある手としては、商業出版を謳いながら、最終的には共同出版を持ち掛けて、しかも金額をわざと高めに設定してあるという場合です。出版社の口コミなどでも確認ができますので、持ちこみをする前に一度確認をしてみると安心と言えるでしょう。