書店流通と自費出版

自費出版で制作した本を、書店へ流通させることを書店流通と言います。同人誌などと違って、出版社が書店へ置くルートを持っていることが多く、自費出版費用にはそれらも含まれていることが多いです。どの書店にどれだけの量を配本するのかは出版社次第となります。

ここで注意したいのが、実際に書店に流通されたからと言って必ず販売されるわけではないということです。商業出版と比べて、自費出版は売れる可能性が低いと言えます。厳しい言い方ですが、アマチュアが出版社に手伝ってもらった作った本ですので、なかなか手に取ってもらえないというのが現状です。書店に並ぶ本は、書店員が選んでいます。どの本を並べるかは人次第となりますし、当然ながら書店もお金を稼がなくてはならないので、売れる本を選ぶという形になります。ここで確認したいのが、出版社と書店が「特定店契約」を結んでいるかどうかです。この契約を出版社と結んでいることで、配本された本を販売するという契約がなされているのです。自費出版したものを絶対に書店に並べたいという場合は、まず全体の流通がどのような流れで行われているのかをしっかりと理解しましょう。また、特定店契約が結ばれているかどうかも、先に出版社に確認しておくと安心です。確認をするのは難しいですが、出版社が書店と良い関係であるかどうかも分かれば、書店流通の流れが確実なものになってきます。また、現在では電子書籍も売り上げを伸ばしていると言われているそうです。書店と違って棚のスペースが限られている訳でもありませんし、数は多いですが長く置いてもらうことができます。電子書籍でも取り扱ってもらえるのかも確認の上で、契約を結ぶ必要があるでしょう。

おすすめの自費出版:http://www.jskurabu.com/